【執筆】絵本「うんちっち」の翻訳者さんにリモート取材!<朝日 好書好日>

以前から、この楽しい絵本「うんちっち」がすごく気になってました。

そしてこれを翻訳したとてもチャーミングなふしみみさをさんに会いたい、と思っていました。

それが念願かなって実現したのに…、なんとコロナ禍でリモート取材になってしまいました。

緊急事態宣言が出る前のことで、直前まで、行くか、行かないかとやっていたんですが、会いたいからこそ行くべきでない、と判断したのです。すごく好きな人が、この私の判断でもし感染してしまったら。志村けんさんが亡くなったニュースもあり、コロナに一番翻弄されていた時期でした。

それでも、インターネットがあってよかったと思いました。対面ほどではなくても、こうして顔を見て、話すことができるのはありがたいことです。はじめてお話するふしみさんは、本当におもしろくて、楽しくて、ご自身のこと、フランスで作家さんに会ったときのこと、犬のうんちを踏んでしまった話を笑いながら話してくれました。それを記事に盛り込んだら、赤字(修正)で「特大のうんちです!」と特大を強調されていて、それも笑ってしまいました。あ、でも絵本はそんなうんちの話ではないんですよ。かわいらしいウサギの子の話です(笑)。

それから、リモート取材の仕事ばかりが増えました。「出版も音楽の仕事もいま大変でしょう?」と聞かれるのですが、私は逆に仕事が増えている方です。おそらく、スポーツやアウトドア、ライブなどをやっていたら厳しかったと思います。私は親子関係を主に仕事をしているので、「STAY HOME」の中で求められるほうにたまたま転がったというところでしょう。何があるかわからないなと思います。でも何があっても、その状況を楽しむ、というスタンスは維持していきたいですね。

「うんちっち」大人も子どもも心の底から笑える日常を https://book.asahi.com/article/13315723


絵本と育児と音楽の仕事 Junko Kusaka WORKS

子どもたちを笑顔にしてあげられることはなんだろう。 音楽教室講師や保育士を経験し、長く出版業に勤めてきた私ができることは、子どもやママたちが知りたいことをわかりやすくまとめて、世に出すことでした。大好きな絵本を通して、音楽を通して、WEB、雑誌や書籍を通して、家族が元気になれるように力添えできればと思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000