【執筆】だいすけお兄さん連載、3年間ありがとうございました!<kodomoe>


だいすけお兄さんのお悩み相談の連載の仕事をしていましたが、発売中のkodomoe2月号で最終回を迎えました。 3年間チームを組んで毎回取材・撮影。定期的にインタビューをやり始めたのがこの頃からだったので、ものすごく勉強させていただきました。カメラマン、メイクさん、フードスタイリストさんまで、みんな技術が高く、人柄も良く、いい仕事を見させてもらってありがたかったです。 最後に記念写真。 

横山だいすけさんは、息子がおかあさんといっしょ世代だった頃のうたのお兄さん。 私の稚拙な質問にも本当に真剣に答えてくれて、親の気持ちになって一緒に悩んでくれて、その姿勢には感動しました。育児で辛いとき、こういう言葉をかけてほしかった、と思える内容で、原稿書きながらちょっと涙ぐんじゃったりして。読者のママにも人気だったようです。 連載中に結婚されたり、卒業したよしお兄さんと対談したり、最後はお子さんまで生まれて、これからますます頑張ってほしいなと思います。 

3年、意外とあっという間でした。
そして、これが起点となって、昨年はインタビュー取材の依頼が激増しました。ありがたや。

絵本と育児と音楽の仕事 Junko Kusaka WORKS

子どもたちを笑顔にしてあげられることはなんだろう。 音楽教室講師や保育士を経験し、長く出版業に勤めてきた私ができることは、子どもやママたちが知りたいことをわかりやすくまとめて、世に出すことでした。大好きな絵本を通して、音楽を通して、WEB、雑誌や書籍を通して、家族が元気になれるように力添えできればと思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000